アジア 歴史/文化/生活 軍事/事故/事件

【歴史】「小国日本」をなめて日露戦争で大敗、ウクライナ侵攻でも同じ過ちを繰り返す 懲りないロシアの時代遅れな「帝国主義」

おすすめ記事

1: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:31:24.11 ID:uO7oEi7u9

外交アナリスト、元在ロシア大使館公使の河東哲夫氏
no title

100年前の日露戦争時もロシアは兵士の士気は低かった。敗戦後にはロシア革命が勃発。ウクライナ侵攻と重なってみえる。

1904年10月15日、ロシアが誇るバルチック艦隊は、バルト海の港を出港した。ロシアに戦いを挑んだ東洋の小国、日本の艦隊をたたきつぶし、海上補給ルートを断ち切ってやろうという作戦。いとも簡単に思われたこの企ては、大失敗に終わる。途中の港はだいたい日本の同盟国、大英帝国の息がかかり、自軍基地もないから補給も思うにまかせない、半年以上の船旅。貴族の上級士官、ついこの前まで農奴だった水兵の間には、ストレスがたまる。05年6月には、そのストレスが高まり、黒海で戦艦ポチョムキン号上の反乱――士官は射殺――が起きている。あげくのはて、バルチック艦隊は対馬の海戦で、新型の日本艦に比べて大砲が旧式であることを露呈した。

◇「小国日本」をなめたロシア

こうして05年5月には、バルチック艦隊は壇ノ浦、いや対馬の海に沈み、その直後、日本の依頼を受けた米国のセオドア・ルーズベルト大統領は、ロシアに和平を持ち掛ける。日ロ両国は同9月、米国のボストン北郊ポーツマスで講和条約を結ぶのだ。ロシアは「小国日本」をなめた上、自身の戦術、装備、軍隊の士気、その他がちぐはぐで、世界のほとんど誰も予想しなかった敗北を喫した。

同じようなことが、今のウクライナで起きたらどうなるか。まさかと思うかもしれないが、ロシア軍、そしてその背後のロシアの経済・社会は百余年前にあった構造的な弱みを引きずっている。いろいろな情報を総合すると、次のような姿が見えてくるのだ。

2022年2月24日、合計10万人弱と推定されるロシア軍は、これまで集結していたロシア西部、そしてベラルーシから、ウクライナとの国境を破ってなだれ込んだ。「14年にロシアが武力で親ロシア勢力支配を植え付けていたウクライナ東部のドネツ、ルガンスクを、ウクライナ軍が奪還しようとして兵力を集積している。これをつぶそう」というわけだ。

◇スターリンがよく使った手

プーチン大統領は21年7月に、ウクライナはロシアと民族的・文化的には同一、そしてウクライナはまだ国家として十分機能してもいないという、上から目線の「歴史」論文を発表し、今回の武力侵略へののろしをあげていた。何々についての「学問的な」論文を発表し、それで政府全体を洗脳するのは、昔スターリンがよく使った手。

要するにプーチン大統領たちは100年前、「小国日本」へと同じく、ウクライナをなめてかかったのだ。ロシアが想定したシナリオは次のようなものだ。侵略開始早々、ロシア軍のヘリコプターがキエフ近郊の飛行場に飛来、爆撃をすると同時に、ウクライナのゼレンスキー大統領を暗殺する部隊をおろして飛び去る。北方のベラルーシからは軍団が、60キロもの車列を作ってウクライナになだれ込む。キエフの運命はあと数日。世界中もそう思った。

ところが、ウクライナは持ちこたえる。上記のロシア軍ヘリコプターは帰途、撃墜され、地上に降りた空挺部隊は、予定した援軍がいつまでたっても到着しない中、せん滅されてしまったという。ウクライナ軍は、ヘリコプターや航空機を撃墜できるスティンガー・ミサイルを多数持っている。これはたった一人で発射できて、操作も簡単。飛翔物の方向に発射すると、ミサイルが飛翔物を自分で探知・追跡してとびかかる優れものだ。同じことはハゲタカよろしく高く舞い上がると、地上の戦車を認識して襲い掛かるミサイル、ジャヴェリンについても言える。これも一人で操作できる。

◇兵士との通信が脆弱

兵士の士気。これも日露戦争の時を思わせる。ロシア陸軍の兵の多くは「契約兵」、つまり徴兵よりはまともな給与をもらってはいるのだが、しょせんはそうしたカネ狙い。上官の方は、「もうこいつにはカネを払っているのだから」ということで、昔の貴族よろしく、契約兵をアゴでこき使う。加えて兵士の中には、ウクライナに行くことを知らされていなかった者が多い。

(中略)

かくて戦術、士気、装備、百年前のバルチック艦隊と同じような問題を露呈して、ロシアは対欧州正面の貴重な兵力の多くを失ってしまうかもしれない。(続きはソース)

3/19(土) 11:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e90f0350903952115bccf9719f28b29dd47384b

元スレ: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1647858684/-100


↓をクリック頂けるととても励みになります!
海外ニュースランキング
カジ旅

↓をクリック頂けるととても励みになります!


海外ニュースランキング

5: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:32:16.86 ID:cRuh8GEn0
ロシアおそロシアじゃなかったんだよなあ

 

6: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:32:23.73 ID:XcPmgC520
まだ核がある
ウクライナに落とす可能性はある

 

10: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:32:50.35 ID:qu+6//GY0
あのときは大英はんが後押ししてくれたんや
今度は米国はんやがな

 

15: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:33:44.48 ID:Fw9SI+PA0
歴史上ロシアが戦争に勝利した例を挙げなさい。(25点)

 

52: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:39:47.59 ID:y8MA3QsS0
>>15
ナポレオン戦争かな
16: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:33:57.90 ID:OB1bHV2O0
核も無いのに大口叩いて何がしたいんだ?
こういう危険な発言はダメだよ

 

18: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:34:06.97 ID:zW2qP0G30
遅れてるなぁロシアの喧嘩はよぉ

 

19: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:34:16.16 ID:MCMtL8+S0
ウクライナ軍はロシア軍を戦線の全域で撃滅しているのになんで戦線が後退しているの?

 

22: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:34:55.85 ID:cX538Qg/0
あの時は、イギリスの協力があったから
勝てたんだよ

 

23: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:35:00.86 ID:IHnUfC1D0
やっぱり頼りになる同盟とか国際社会の支援がある方が有利ってこと
太平洋戦争での最大の失敗はこれ

 

29: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:35:32.78 ID:ymdhDjy40
自衛隊の人が言っていたな
無線とかも暗号使わないでそのまんまで通信しているだとか
まだ感覚が独ソ戦のママなのかね

 

34: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:36:56.77 ID:337NQ/nf0
負けたらまた革命起きるで


35: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:37:00.74 ID:OB1bHV2O0
メルカトル図法で小さく見えるけど実際の日本の面積そんなに小さくないからね

 

46: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:38:30.61 ID:J7WRcVOX0
思いっきどこどこの○○大佐へって電話してんだってね。そりゃスナイパーの餌食よ

 

49: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:39:09.95 ID:MqtPmk4k0
結局社会主義国の人って、言われた事はやるけど、
それ以外は発想力とか、問題解決力とかが決定的に不足してて、
現場で臨機応変に戦う何てこと、出来ないって事なのではないか?
会社にもいるでしょ、そういう人

 

53: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:40:25.69 ID:o2x0Vq2q0
わりと韓国でも勝てそう

 

57: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:40:52.96 ID:+S16LPa10
ロシア革命が起こって戦争どころじゃなくなったんじゃなかったっけ

 

60: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:41:18.54 ID:iRaZGyz+0
っていうかロシアのどの辺が大国?

 

65: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:41:44.08 ID:HlcDlL4/0
>>60
国土w
68: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:41:57.55 ID:FtcCuDNm0
まさかロシアがこんなに弱いとは世界中がビックリしとるよ

 

69: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:42:19.64 ID:T9BvKOCy0
ほーん
で、北方四島はいつ還ってくるん?

 

74: どこぞの名無しさん 2022/03/21(月) 19:42:33.70 ID:23j604RL0
ロシアってイギリスを敵に回して戦争勝ったことある?

 

人気記事


旅カジ

他おすすめ記事

-アジア, 歴史/文化/生活, 軍事/事故/事件

アクセスランキング